巻物

泣きながら跳ねる友人と履きつぶした靴

ぬるい麻婆豆腐が冷えるまで

「秘めた想い」について、どう思う?「秘めた想い」って、常識的にはどのように認識されているのだろうか。べつに真剣に考えるってことも無いよ。

ホーム

凍えそうな日曜の深夜は食事を

宿泊に行きたくてどうしようもなかった所、と言うのは真鶴岬だ。
初めて知ったのは真鶴という川上弘美さんの本。
いろんな解釈があり、私の幼い頭では、現在でも深い感心はできない。
だけど、本の中の真鶴地方の雰囲気が好きで、まだ見ぬ真鶴に憧れていた。
静岡県の、神奈川県との県境に位置する所が真鶴半島。
突き出た部分が真鶴岬。
岬の少し先、海から頭を出しているのは、三ツ岩という岩が3つ。
真ん中の石の上には鳥居としめ縄があって海水が引くと歩いて渡れる。
願いが叶い、ストーリー中のこの景色を見に行くことができた。
私のキャノンの一眼のメモリーは真鶴の景色がいっぱい。
ホテルのおばさんに真鶴が好きだと話すと喜んでくれた。

控え目にお喋りする姉ちゃんと暑い日差し
友人の彼氏が会社で梅干しを売っているとの事。
都内に本部があり台湾に店もあり、和歌山に自社工場がある。
各都道府県に定期的に、何名かのメンバーでデモストレーションをするらしい。
深夜に、これを聞くと、おなかがすいてきた。
「梅干し食べたい」など言ったら、あ!あるよ〜!と出してくれた。
この子と食べたこの梅干しが、今までで一番美味しかった。
という事で、早速はちみつ梅をオーダーしてしまった。

自信を持って叫ぶ姉ちゃんと冷たい肉まん

海の近くに自分たちは、在住しているので、地震がきたときの大津波を父と母が気をもんでくれている。
ことのほか3月の大震災後は、家がどのくらい海から離れているのかとか逃げる高台は周辺に存在するのかとかたずねてくる。
俺と家内だって怖いのだけれど、たやすく引っ越し先も見つかるわけではない。
しかしながら、実際に津波がくるとなってしまった折に逃げのびる通り道を見つけておかないとと考える、しかし、海沿いしか近くに道路がないので、しっかり想定してみたら怖いと思った。

笑顔でダンスするあの人と冷めた夕飯
普通、部屋で個人で出来るような働き方をして、繁忙期にお声があると派遣先に仕事に参加する。
たった、たまにが、最高にめんどく思えて仕方ない。
いっそ引き受けるの辞めてしまおうかと。
声がかかれば張り切るけど、大勢のメンバーにはさまれて、チームで業務をこなすのは難しい。
そう親に相談すると、言いたいことは理解できるよ、と豪快に笑っていた。

目を閉じて走るあの子と花粉症

少年は夜中の3時に目が覚めてしまった。
夏休みに入って2週間ほど過ぎた頃だった。
あまりの暑さに寝が浅かったのだろうか。
扇風機は室内のぬるい空気を撹拌しているだけで、まったくもって涼しさを感じない。

寝れないし、お腹も空いたので、少年は大好物のカレーを作る事にした。
冷蔵庫を開け、野菜と肉のしたくを整え、炒めたり煮込んだりした。
夜が明けるころには、家中に美味しそうなカレーの香りが漂っていた。

湿気の多い祝日の日没は外へ
ふつう、至って大人しめのコーディネイトで出歩く私は、かなりビックリされるけど。
タイツやポーチや飾り物まで揃い、ラインで身につけたいと思えば破産しそうだ。
なんとしても、ファッションは魅力的だ。

天気の良い土曜の午前は微笑んで

ここ最近、お腹周りの脂肪をなんとかしないとと思い腹筋を頑張っている。
子供を自分のお腹にのせて回数を声を出し数えながら筋トレをしたら、子供とのコミュニケーションにもなって、娘も数字を覚えこむし、自分の見苦しい脂肪もそぎ落とされるし、好都合だと考えていたら、最初のうちは、笑っていた2歳の娘もすぐにあきてしまった。

どしゃ降りの金曜の晩に食事を
「絶対にこうで当然だ!」と、自分の価値観のみで他人を判断するのは悪い事ではない。
だけど、世間には自我と言われるものが人の周りに漂っている。
この事を知ると自信を持つのは必要だけど、あまりにも反対するのはどうなんだろう?と考える。
これも私の考えでしかないけれど。
生きにくい世の中になってもおかしくないかもしれない。

喜んで泳ぐ兄弟と履きつぶした靴

この一眼レフのカメラは、あまり大きな声では言えないけれど、ビーチで拾ってしまった。
その日は、7月の中ごろで、中ごろで、いつもに比べて暑い日だった。
街中で、大好きな恋人と言い合いになって、もう話したくないと言われたのだ。
それで夜、実家からこの砂浜まで歩いてやってきて、海岸をじっと見ていた。
そしたら、少し砂をかぶったこの一眼に出会ったのだ。
持って帰って、好奇心でさまざまなフォトを撮ってみた。
一眼の持ち主より、良い感じに撮れるかもしれないと思った。
恋人の笑った顔撮れたらなー、とか、意外とピント調節ってめんどくさいなー、とか一人で考えていた。
明日あたり、どうにかして会う約束ができたら、恋人に自分が悪かったと謝りたい。
そしたら、この一眼、交番に届けるつもりだ。

風の強い月曜の午前は座ったままで
スイーツがとても好きで、ケーキや和菓子をつくるけれど、娘が大人のものを欲しがる年になって作るものが限られてきた。
私たち親がとっても喜んで食べていたら、子供がいっしょに欲しがるのは当たり前なので子供も食べられるあまり甘くないケーキをつくる。
私は、ガトーショコラがめちゃめちゃ好きだったけれども、子供にはチョコ系のケーキなどは小さなうちは食べさせたくないのでつくるのを控えている。
ニンジンやリンゴをいれたバウンドケーキが健康にもいいと考えているので、砂糖とバターをひかえて入れる。
笑顔でおいしいと言ってくれたら、とてもつくりがいがあるし、またつくろうと思う。
近頃、ホームベーカリーも使って焼いたりする。
そうしたら、簡単だった。
いつもは、自分で一生懸命混ぜるけれど、ホームベーカリーは、混ぜてくれるし簡単だ。

手裏剣


Copyright (C) 2015 ぬるい麻婆豆腐が冷えるまで All Rights Reserved.
巻物の端